ホーム>刃物屋小話>まな板の木取り NO、2
刃物屋小話

まな板の木取り NO、2

『 包丁を使うに当たって

必要な物がまな板です。

このまな板にも

幾つもの種類があり、

それぞれ特徴を持っています。

その特徴を知り、どのまな板が

包丁を切れ止ませてしまうのか、

どのまな板が使い勝手が良いのか

そして、まな板と包丁それぞれ

相性が良いのはどれなのか等、

ご紹介出来ればと思います。』

 

一枚のまな板でも堅さが、

場所によって多少違いがあります。

 

寒い時期に成長した

冬目と言う部分は、

緻密で堅く木目の色が濃く出ています。

 

反対に夏目と言う部分は、

成長が早い為

柔らかく木目の色も薄くなっています。

 

この差が大きければ大きい程、

包丁の刃を傷める原因の

一つのなります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/572