ホーム>刃物屋小話>大野市でのイベント "七間朝市開き 春の一番市"
刃物屋小話

大野市でのイベント "七間朝市開き 春の一番市"

今年も春を知らせる一番市 

『 七間朝市 』 が、

明日3月21日(木)開かれます。

 

この七間通りは、織田信長に仕えた

金森長近が大野城と城下町を築いた際に

つくられました。

 

碁盤の目状の東西に延びる通りです。

 

この当時から市は開かれていたようで、

四百年以上の歴史があります。

 

江戸時代になると土井家が

越前大野を治めるようになり、

当時の厳しかった階級制度の時でさえも、

お殿様の行列は

七間通りの市場を避けて通るようにし、

商いの妨げになるような事は

しなかったそうです。

 

そんな歴史を刻んできた七間朝市が、

明日からまた始まります。

 

午前9時より一年間の無病息災、

商売繁盛の神事、

9時20分よりオープニング式典、

9時45分から鏡割り・ふるまい酒、

10時より陽明中学校吹奏楽部の演奏、

10時45分から招福菓子・もちまきが

行われます。

 

 

暖かい春を迎えに七間朝市が開催されます。

どうぞ、大野に足を運んでください。

 

2019320111953.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/561