ホーム>刃物屋小話>越前打刃物屋の仕事 パート102 ヨキ(錆びが奥まで浸透してしまった)編その6
刃物屋小話

越前打刃物屋の仕事 パート102 ヨキ(錆びが奥まで浸透してしまった)編その6

『ホームページからの刃物の研ぎは

受け付けておりませんが、

店舗にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

錆びも取り刃先も研げたので

最後の塗装になります。

 

塗装をすることで錆止めになります。

 

見た目は何もしない方が輝いているので

良く見えるかもしれませんが、

手入れをまめにしないと錆びつきやすく

刃物としての寿命を短くしてしまいます。

 

なので刃先の部分には透明な塗料、

それ以外の所には黒い塗料を吹きつけ

ご購入時と同じような

仕上がりになりました。

 

この状態で保管して頂ければ、

まず錆びる事は無いでしょう。

 

《 After アフター 》

 

201921815288.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2019218152829.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201921815290.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/555