ホーム>刃物屋小話>越前打刃物屋の仕事 パート101 ヨキ(錆びが奥まで浸透してしまった)編その5
刃物屋小話

越前打刃物屋の仕事 パート101 ヨキ(錆びが奥まで浸透してしまった)編その5

『ホームページからの刃物の研ぎは

受け付けておりませんが、

店舗にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

錆びた部分を削り取り磨き上げた後は、

一番大事な刃先の研ぎに入ります。

 

刃先が刃こぼれしているので、

刃こぼれがなくなるまで刃先を

荒砥石で研いでいきます。

 

刃先を削った分シノギの幅が

短くなります。

 

そのまま仕上げてしまうと刃先の角度が

鈍角になってしまうので、

シノギの幅を元の長さ位に削り

刃先も元の角度になる様

調整しながら仕上げていきます。

 

これで刃先の研ぎは完了です。

 

《 After アフター 》

 

2019218151218.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2019218151257.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/554