ホーム>刃物屋小話>越前打刃物屋の仕事 パート96   裁鋏(床に落としてしまった)編 その3 
刃物屋小話

越前打刃物屋の仕事 パート96   裁鋏(床に落としてしまった)編 その3 

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

片方が先端から2cmぐらい入った所に

ヒビが入っていて、

そこから折れている状態でした。

 

この部分を落としてしまい

その後先端を尖らせます。

 

もう一方の折れていない方も

同じ長さに合わせ揃えます。

 

後は通常通りの工程で

研ぎ直していきます。

 

見た目は少し不恰好になりますが、

切れ味は蘇っていますので

刃渡りが短くなっても関係のない

仕事をされるのなら、

全く問題なく使用することが出来ます。

 

《 After アフター 》

 

2019112172230.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2019112172259.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201911217246.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201911217253.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2019112172527.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/543