ホーム>刃物屋小話>越前打刃物屋の仕事 パート91   刈込鋏(錆びがついた)編 その1
刃物屋小話

越前打刃物屋の仕事 パート91   刈込鋏(錆びがついた)編 その1

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

今回お預かりした刈込鋏は、

重なり合う内刃に錆びは少なく

表側全体に錆が付いた状態でした。

 

通常購入された時は、

表側の小刃と表刃以外の所の

シノギからネジ回り、柄付近

そして峰には錆びない様に

黒く塗ってありますが、

丁度その部分が特に錆びていて

小さく点々と錆が付着したように

見えます。

 

内刃の錆びはたいした事

ありませんでしたが、

物凄く使いこんであり

小刃がかなり摩耗していました。

 

《 Before ビフォー 》

20181123163451.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

20181123163522.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/533