ホーム>刃物屋小話>2018年2月

2018年2月

和包丁の柄の交換 柄の仕組み

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄は洋包丁の柄とは違い、

中子を差し込んであるだけの物が

多くあります。

 

 その為、

水分が柄の中に吸い込まれ

中子が錆びて

腐食する事があります。

 

腐食が進むと

すき間が出来抜け落ちたり、

柄が割れてしまったりと

柄を交換する機会が

どうしても多くなります。

 

もちろん生涯、

柄を交換する事無く

使い切る場合もありますが、

柄を交換しなくてはいけなくなる

事もあるので、

覚えておくと良いと思います。

和包丁の柄の形

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄の形には、小判型、

栗型、八角型があります。

 

断面から見ると小判形は小判の様に、

だ円形の形をしています。

 

栗型は栗の様に

頭が少し尖がっていて下が丸い形で、

八角型も含めどれも見た目の形から

そう呼ばれています。

 

どの形の柄が良いのかという事はなく、

ご自身の好みや握った感触の良し悪しで

選択すれば良いと思います。

 

 

包丁の柄 口輪と木の組合わせ NO,3

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄では最高級と

されているのが、

黒檀の柄になります。

 

水に強いのはもちろんの事、

硬い材質の為傷にも強く

更には見た目が良いと

三拍子そろった柄になります。

 

口輪部分には銀や象牙等にし、

更に高級に更に美しい柄に

変える事もあり、

誰かに魅せたくなるような

柄にできますが、

その分コストが高くなります。

 

201825184545.JPG

包丁の柄 口輪と木の組合わせ NO,2

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

口輪部分に水牛の角、

握り部分を朴ノ木を

使用している場合は、

握り部分の朴ノ木は

木の中心部分を

使用している為強く、

永く使う事が出来ます。

 

また永く使う事によって

自分の手に馴染んで

フィットした柄になっていきます。

 

口輪の部分の水牛の角は、

高級感もあり水を使っていると

よく締まりより包丁の柄が

抜けにくくなります。

 

その為、料理人が使う

一般的な包丁に使われる事が

多いです。

 

20182518343.JPG

 

 

包丁の柄 口輪と木の組合わせ NO,1

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

口輪には幾つかの種類が有りますが、

握り部分との組み合わせによって

柄の特徴が変わってきます。

 

口輪部分にプラスチック、

握り部分を朴ノ木を

使用している場合は、

握り部分の朴ノ木は

木の中心からずれた部分を

使用している事が多く、

その分安く製造することが出来、

プラスチックの口輪の安さとで

いっそうコストがかからない

柄が出来ます。

 

その為、包丁の価格を

安く抑えることが出来ます。

 

短所としては材質が落ちる為、

どうしても寿命が短くなります。

 

20182518139.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

【上の写真の柄は紫檀です】

包丁の柄 口輪の種類

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄を見ると、

端に3~4cmぐらいの長さの物が

はめ込んであります。

 

これは金属だと口金、

水牛だと角巻と呼ばれていますが、

これらの総称を口輪と呼びます。

 

この口輪にもいくつか種類が有り、

先に述べたようにステンレスや銀、

銅、真鍮等の金属系の物や

プラスチックに水牛の角、

象牙等も使われています。

 

20182517456.JPG

包丁の柄 和包丁編 NO,2

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄は通常木製です。

 

包丁を使う時には、

どうしても水を使います。

 

その為水分を吸ってすぐに

腐ってしまうようでは困るので、

水に強い種類の物が

使用されています。

 

一般的に価格の高い物が

水に強く、硬くなり

黒檀(こくたん)、櫟(いちい)、

朴(ほう)といった順で、

黒檀等は職人が使う高級な包丁に

使われ、反対に価格も安く

ほとんどの方が使われているのが

朴の柄になります。

 

他にも桜や合板、

合板でも黒や赤、茶色といった

色の違う物もあります。

 

201825172557.JPG

 

包丁の柄 和包丁編 NO,1

『包丁の種類には和包丁や洋包丁、

中華庖丁に家庭用料理包丁、

それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等

多数存在します。

また、包丁の柄にも材質や形

それぞれに特徴があり

幾つもの種類があります。

これらを深く知る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して

いただけるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

和包丁の柄は、包丁の中子を

差し込んであるだけなので、

ご自身で柄を

交換する事も可能です。

 

そして、包丁の柄には

中子が差し込みやすい様に

穴があけてあります。

 

菜切り用、柳刃用、出刃用

といった包丁の種類や

サイズに合わせて、

穴の深さや大きさ

形がそれぞれ違います。

 

また、包丁の刃渡りの

長さによっても

柄のサイズもかわってきます。

 

2018231668.JPG