ホーム>刃物屋小話>2017年1月

2017年1月

大野市のイベント "結の故郷 越前おおの冬物語"

来る2月4日(土)・5日(日)の両日

『越前おおの冬物語』が開催されます。

 

結ステーションを拠点に七間、六間、

五番、春日等、各商店街周辺で

行われます。

 

 

201713085835.JPG

 

 

 

 

 

 

 

主なイベントとして、七間から柳神社までの

ずらりと並んだ雪見灯ろうの点灯、五番通り

や春日神社などの会場内の雪のモニュメント

を巡るウォークラリー、市内各所に色々な

雪あかりが灯り城下が幻想的な雰囲気に

包まれます。

 

冬物語最大のイベントとして越前大野城を

バックに打ち上げられる冬花火は、夏の

花火とは一味違った醍醐味で体感できます。

 

201713093232.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「「「「「「「「「「「「「「」」」」」」」」」」」」」」」

日時   平成29年2月4日(土) 17:00~21:00

            5日(日)  8:00~14:00

会場   越前おおの結ステーション、

     七間、六間、五番、各商店街周辺

問合せ先   越前おおの冬物語実行委員会

       福井県大野市元町10-23

       (一社)大野市観光協会内

       TEL(0779)65-5521

「「「「「「「「「「「「「「「」」」」」」」」」」」」」」」

 

※隣接する越前おおのまちなか交流センターでは、

〔越前おおのふるさと味物語〕が、開催されております。

 

 

201713094914.JPG

越前打刃物屋の仕事 パート51 牛刀(切っ先と刃元近くの刃こぼれ)編 

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

2017127141612.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2017127141648.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2017127141721.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回お預かりした包丁は、刃渡りが240mmと

少し長めの牛刀で、本職の方が使われている

物です。

 

普段はご自身で包丁研ぎをされているのですが、

今回切っ先の方と刃元近くと、刃こぼれはさほど

大きくないのですが、小さい刃こぼれがいくつも

連なっていました。

 

包丁が大きいだけにこれを直すのは、

一苦労するだろうと思い持って来たそうです。

 

確かに労力の事を考えると、自分で研ぐ時間と

比較すれば、研ぎに出した方がお得だと思います。

 

研ぎ方は、切っ先から刃元まで刃こぼれが

取れる幅だけ削ります。

 

そうすると刃先が分厚くなるので、厚くなった分

削って元の厚みに戻してやり、更に全体的にも

薄く削り、後は従来通りの工程で仕上げて

いきます。

 

《 After アフター 》

 

2017127145527.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201712714560.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2017127145641.JPG

越前打刃物屋の仕事 パート50 三徳包丁(錆びによる穴)後編 

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

この包丁はステンレス製で、錆びにくい材質で

扱いやすいのですが、いったん錆らかすと

厄介になります。

 

この場合表面を削っても錆びが取れないし、

刃先がノコギリみたいにギザギザな状態で

残ってしまいます。

 

なので、錆びた部分を側面からじゃなく

刃先から三徳包丁の形を維持しながら

削っていきます。

 

今回切っ先の方が多く削られていますので、

バランスを考え切っ先の方は、あまり多く

削らずに整えていきました。

 

中央の鋼が隠れてしまったので、両側面から

均等に削りだし、左右どちらから見ても

同じ幅の鋼が出るように削り、後は

通常の工程通り仕上げていきます。

 

《 After アフター 》

 

2017117103723.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2017117103750.JPG

 

 

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート49 三徳包丁(錆びによる穴)前編 

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

201711793552.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201711793626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この包丁は、両側をステンレスで中央の鋼を

挟み込んだ三層構造の包丁です。

 

自宅にある砥石を使って包丁を研いでいた

のですが、形が変わってきたので直してほ

しいと持ってこられました。

 

確かに刃渡りを通して見ると、切っ先から

3分の1ぐらいの所までが、急な弧を描いて

います。

 

自分で研いでいるうちに変化してしまった

のだと思います。

 

それと、ご本人は気づかれてなかった

のですが、中央の鋼に小さい黒い穴が

あいたような状態になっています。

 

これは錆びで、ステンレスの鋼といっても

錆びやすい物からそうでない物まで色々な

種類が有りますが、錆びないステンレスは

ありません。

大野市のイベント "第3回さかだに雪まつり"

今回で3回目となる”さかだに雪まつり”

会場も蓑道の「スターランドさかだに」に

変わり21日(土)・22日(日)の両日

開催されます。

 

会場では、なが~いすべり台のコースや

ちびっこゲレンデでは、ソリで滑って

楽しめます。

 

又、巨大かまくらや雪だるまづくりコーナー

等、雪と遊んでいってください。

 

21日午前11:30~は、無料で杵での

もちつき体験も出来ます。

 

そして、21日22日の両日13:00~

15:00まで雪原や雪山を、かんじき

(スノーシュー)をはいての散策が

無料で体験できます。

 

さらに阪谷地区で採れた野菜を使った

大鍋が約200食分振る舞われます。

 

お店には、阪谷の新そばやおでん、

カレー等も販売される予定です。

 

2017118141736.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

日時     平成29年1月21日(土)

            11:00~16:00

              1月22日(日)

            11:00~15:00

会場     スターランドさかだに

問合せ先  (0779)67-7250 〈会期中〉

        阪谷公民館

        (0779)67-1111

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

 

どうぞ阪谷でおもいっきり遊んでいって

下さい。

 

2017118143633.JPG

越前打刃物屋の仕事 パート48 柳刃包丁編 その2

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

柳刃包丁(刺身包丁)は、刺身を造る為の

包丁で、アゴから切っ先まで全体を使い

一回で切り落とし、幅の狭い事で切り身が

くっ付きにくい様にと考えられた包丁です。

 

昔は、家庭でもよく使われていた

和包丁で片刃の包丁です。

 

片刃の為、表面と裏面があり

双方の研ぎ方は違っています。

 

表面は、しのぎ、しのぎ筋を出し切刃を造り、

裏面は、裏すきをし裏押しをしてくぼんだ

状態にし、切り離れが良くなるように

仕上げます。

 

《 After アフター 》

 

2016122515131.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201612251521.JPG

 

越前打刃物屋の仕事 パート47 柳刃包丁編 その1

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

20161225142346.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20161225142456.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この刺身包丁奥さんから預かり、

ご主人が当店へ持ってこられました。

 

ご自身でおっしゃってましたが、

台所には一切入らないそうで、

今回持ってこられた包丁

汚れているし、錆びも出ている、

それにこんなに細くなったので

使い物になるかと尋ねられました。

 

錆びや汚れ、刃こぼれも削ってやれば

綺麗になるし、使い物になります。

 

しかし、この幅の狭いのは柳刃包丁と

言って、刺身を切るのに使う包丁で

元々細身の包丁だと言ったら、

こんなに細長い包丁があるのかと

初めて知ったそうです。

 

包丁と言えば三徳包丁や菜切り包丁の

イメージしかなく、かなり使い込んだ

包丁だと思っていたそうです。

店舗イベント 1月31日は(あいさい)"♡愛妻の日♥"

只今実店舗では、 1(あい)月31(さい)日を

 【愛妻の日】 てとし、

日頃の感謝の気持ちを形として、

ご主人から奥様に包丁をプレゼント

してもらおうというイベントをしております。

 

ただ包丁をプレゼントするだけでも

良いのでしょうが、ご協力という形で

当店では包丁に奥様の名前を刻む

(レーザー彫刻)というサービスを

8,000円以上の包丁をお買い上げの方に

無料でさせて頂きます。

 

又、8,000円未満の包丁をご購入された

方に関しましては、レーザー彫刻代金を

別途頂いております。

 

尚、レーザー彫刻には少々時間を

いただいておりますので、

少なくとも一週間前までに、ご予約ください。

 

20161161295.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20161225151649.JPG

 

 

 

 

 

新年のご挨拶 2017

新年あけましておめでとうございます

 

新しい年を迎え皆様の益々のご健康と

ご多幸を心よりお祈りいたします

 

今年は、酉年、酉のつく年は

運気や人を取り(酉)込み、

商売繁盛につながるだけでなく、

今まで頑張ってきた結果が

実る年になるそうです。

 

また、中国ではニワトリは五徳がある

神聖な鳥と考えられ、文、武、勇、仁、信と

知恵と勇気思いやりを持ってたくましく行動

することで、信頼を勝ち取りまわりの

人間関係も良好と言われており、

皆さまとそのようになれたらと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

店主

 

2016122910526.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20161229105253.jpg