ホーム>刃物屋小話>2016年12月

2016年12月

今年一年を振り返り 2016

今年は申年(さるどし)、申年の申の字は

のべる、かさねると読み、物事が伸びる年

だといいます。

 

貴方も私も、今年がどのように発展して

伸びていくのか楽しみな一年に

していきましょうと、年初に述べましたが

いかがでしたか?

 

私共としては、爆発的にお客様の数が

増えたとはいえませんが、一昨年よりも

昨年、昨年よりも今年と徐々にでは

ありますが、当店を利用して下さる

お客様が増えた事が、

何よりもの喜びです。

 

長年お付き合い下さっているお客様は

もちろんの事、来年も一生お付き合いの

出来るお客様と沢山出合えることを

心より願っております。

 

本年も一年おりがとうございました。

 

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

良いお年を

 

店主

 

20161229105525.jpg

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート46 菜切包丁(汚れと錆び)編 

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

2016122514226.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2016122514255.JPG

 

 

 

 

 

 

 

長年使いこんできた包丁で、見ての通り

錆びと汚れがほどいので、

刃研ぎと一緒に綺麗にしてほしいという

事でお預かりしました。

 

包丁にこびり付いた汚れは、荒砥石で

軽く削るだけで取れました。

 

錆びの方もそれ程、

奥まで浸透してなかったので、

これも同じように軽く削るだけで

取り除くことが出来ました。

 

後は従来通り、両面からしのぎをだし

中央の鋼を出していきます。

 

その後、バフをかけ磨いてやり

最後に仕上砥石で刃先を研ぎ、

綺麗な状態の包丁に戻りました。

 

《 After アフター 》

 

20161225141727.JPG

 

 

 

 

 

 

2016122514183.JPG

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ではありますが、

本年12月30日から来年1月5日まで

休業とさせていただきます。

================

2016年 12月29日(木) 平常営業

         30日(金) 休業

         31日(土) 休業

2017年  1月 1日(日) 休業

          2日(月) 休業

          3日(火) 休業

          4日(水) 休業

          5日(木) 休業

           6日(金) 平常営業

================

※2017年1月6日より通常通り、

  営業させていただきますので

  よろしくお願い致します。

越前打刃物屋の仕事 パート45 三徳包丁(刃こぼれ)編 その2

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

刃こぼれした状態を見ると、

刃渡り全体の中央部分ぐらいの所が、

欠けています。

 

その為、刃渡り全体を同じ幅だけ

刃こぼれしている所まで削る

必要があります。

 

そうする事で、三徳包丁としての

形が維持できます。

 

しかし、刃先は従来より分厚くなってしまい、

このまま仕上げ砥石で仕上げると

切れ味の悪い包丁になってしまいます。

 

なので、両面から同じだけのしのぎを

出してやれば、刃先は薄くなり通常通りの

良く切れる万能包丁に蘇ります。

 

《 After アフター 》

 

20161221112548.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20161221112621.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗歳末イベント 『新年を新しい包丁で"開運"』

只今、実店舗では歳末イベントとして、新年を迎えるに当たり

新しい包丁で運を切り開いて頂けるよう、イベントを行っております。

 

刃物は昔から幸運を呼び込む縁起物として、喜ばれてきました。

 

人生の幸運を切り開くという意味で、結婚式でのウェディングナイフ、

船の進水式で使われる手斧、道路の開通式や建造物の開館式での

テープカットに使われる鋏等々、おめでたい場面では必ずといっていい程

目にするものです。

 

今年も残すところあとわずかとなってきましたが、一年間を振り返り

良かった人も、そうでなかった人も、来年を良い年で迎えられるよう

新しい包丁で運を切り開いていってください。

 

微力ではありますがご協力という形で、いらなくなった包丁を

いくらかで下取りさせていただきます。

 

是非この機会にご利用下さい。

 

※尚実店舗では、ホームページ上に記載されていない包丁も

取り揃えております。

 

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

期間 平成28年12月19日(月)

       ~平成29年1月18日(水)

場所 池田刃物店 店舗

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

来年は、皆さんにとって今年以上に良い年になりますよう

心より願っております。

 

20161218205217.JPG

 

越前打刃物屋の仕事 パート44 三徳包丁(刃こぼれ)編 その1

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

20161215114128.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20161215114319.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お客様曰く、大きく刃こぼれしてしまった

包丁でも、直してもらえるかと言った

ご依頼でした。

 

包丁をこじらせてしまった為、

大きく刃こぼれしたとおっしゃっていました。

 

この場合刃こぼれした部分の所まで

削るので、包丁の幅が通常研ぐ時よりも

多めに削ることになります。

 

今回は、元々幅が広いタイプの形の

包丁なので、この位削っても使用時に

差し支えは全くないと思いますが、

お預かりした時の幅に比べて、

狭くなる事だけご了承して頂き

お預かりしました。

 

 

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート43 型抜きされた包丁編

『ホームページ上では刃物の研ぎは

扱っておりませんが、

店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、

最高の切れ味になるよう時間をかけて

再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合も

ありますので、時間に余裕のある時を

みはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

《 Before ビフォー 》

 

20161211145626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2016121114577.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この包丁は、何かのイベントで景品として

もらった包丁だそうです。

 

元々、あまり切れなかったそうですが

研げば切れるようになるかと言う事で、

お預かりしました。

 

こういう包丁は、ステンレス板をプレス機で

型抜きし、刃付けをするというやり方で

大量生産される包丁の一種です。

 

この手の包丁には、鋼が割り込んでない為

長切れしない上に、切れ味も良くありません。

 

長切れするには、包丁の材質そのものに

関係してくるので、研ぎの工夫によって

変えるという事は出来ませんが、

最初の切れ味を良くするには、

牛刀の様に研いであげれば、

初おろしで使った時よりも

切れるようになります。

 

《 After アフター 》

 

20161211152225.JPG

 

 

 

 

 

 

 

20161211152259.JPG

 

 

砥石(といし)の基礎知識 砥石の面直しのやり方 まとめ

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

全部で八通りの砥石の面直しの

方法をご紹介しました。

 

通常、直したい砥石よりも粗い物で

こするという事は、本来備わっている

その砥石の番手よりも荒い状態で

研面が平面になっています。

 

ですから最後の仕上げとして、

同じ程度の目の粗さの砥石同士を

こすり合わせてやると、

本来の番手の砥石に修復されます。

砥石(といし)の基礎知識 砥石の面直しのやり方 その8

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

〔ダイヤモンド砥石で面直しをする〕

 

ダイヤモンド砥石は研面がくずれ

にくい為、くぼんだ砥石を

ダイヤモンド砥石で削ってやれば、

かなりの精度で修正できます。

 

最近は、このやり方でする人が

増えています。

 

背景には、高価な物と変わらない

精度で、安価な物が出回る様に

なったからです。

砥石(といし)の基礎知識 砥石の面直しのやり方 その7

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

〔平面ガラスに修正紙を貼り

面直しをする〕

 

分厚いガラス板に砥石修正用の

粘着式のペーパーを貼り付け、

そこにくぼんだ砥石をこすらせて

直す方法です。

 

また、それに似たやり方で、

市販の分厚いガラス板に、

耐水ペーパーを貼り使用される

方もいらっしゃいます。