ホーム>刃物屋小話>2016年9月

2016年9月

砥石(といし)の基礎知識 仕上砥石(仕上砥)編

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

粒度の区分はメーカーによって

幅があり、一応の目安として

お考え下さい。

 

#3000・・・3000番前後の

細かさの砥石を仕上砥石と

呼んでいます。

 

一般的に中砥で出来たわずかな

キズも取り、さらに刃のキメを

より細かく滑らかにし、切れ味を

持続させる役目の砥石です。

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/detail.php?product_id=39

 

 

201699155641.JPG

砥石(といし)の基礎知識 中砥石(中砥)編

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

粒度の区分はメーカーによって

幅があり、一応の目安として

お考え下さい。

 

#1000・・・1000番前後の

細かさの砥石を中砥石と

呼んでいます。

 

一般的に荒砥で研いだ時に

出来たキズ等を取り除き、

刃先を細かく滑らかにする

役目の砥石です。

 

包丁では、8割~9割はこの

砥石で研げています。

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/detail.php?product_id=42

 

 

201699155436.JPG

砥石(といし)の基礎知識 荒砥石(荒砥)編

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

粒度の区分はメーカーによって

幅があり、一応の目安として

お考え下さい。

 

#400・・・400番ぐらいまでの

粗さの砥石を荒砥石と

呼んでいます。

 

一般的に欠けた刃を補正する時や、

錆が出た時に削り取ったり、

形を整えたりする時に使います。

 

粒子が粗い為ザック、ザックと

削れますが、キズが刃物に深く

残る事があるので、必要以上に

研ぐ事は、避けた方が良い

砥石です。

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/detail.php?product_id=41

 

201699155157.JPG

砥石(といし)の基礎知識 人造砥石の粒度、番手

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

砥粒(研磨材)の大きさを測る

単位を、粒度と呼び「番」で表し

記号では「#」と表します。

 

天然砥石は規格品でないので、

はっきりとした数値化は出来ない為、

こういった呼び方はしていません。

 

この「番」番手は、砥石の粒度の

細かさ(粒度)を表し、粒子が

細かい程、数字が大きくなります。

 

何百番、何千番、何万番と

数字で表します。

 

 

201699153852.JPG

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/detail.php?product_id=45

砥石(といし)の基礎知識 人造砥石の現在

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

理想とされる天然砥石の研磨力に、

追いつき追い越そうと、

日々研究され、次々と新しい砥石が

開発されてきました。

 

産出量も減り、徐々に価格が

高くなる天然砥石とは対照的に、

低価格で研磨力の優れた

人造砥石が、日々進化して

誕生しています。

 

 

201699153055.JPG

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/list.php?category_id=18

砥石(といし)の基礎知識 人造砥石の歴史

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

人造砥石の歴史は、19世紀の

終わりにアメリカで研磨材が

製造されたのが始まりです。

 

研磨材の代表格である

炭化ケイ素質研磨材は、

人造ダイヤモンドの合成の

工程で偶然発見され、

1895年(明治28年)に

カーボンダム社によって

生産が始まりました。

 

後に日本に輸入され、

急激に発達をしました。

 

201699152712.JPG

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/list.php?category_id=18

 

 

大野市のイベント "越前おおの結の夜市2016"

20169915246.JPG

 

 

 

 

 

 

 

本日9月10日(土)・明日11日(日)の

両日、午後5時より五番通りで

夜市が行われます。

 

20169915640.JPG

 

 

 

 

 

 

 

美しい竹灯りが、町並みを幻想的に

かえてくれます。

 

10日(土)午後8時から、ベリーダンス、

11日(日)は、ファイヤーパフォーマンス

のステージイベントも見れます。

 

201699151159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

また、会場には市内飲食店によるテント

販売や、移動販売車の飲食ブースも

設けられています。

 

無料体験ブースでは、オリジナル紙コップ

キャンドル制作や、綿菓子の無料配布も

行われています。

 

201699151831.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お子様といっしょにいらしても、

楽しんで頂けると思います。

砥石(といし)の基礎知識 人造砥石

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

人造砥石は、天然砥石みたいに

自然に出来た物でなく、

人間が造り出した砥石です。

 

研磨材を固めたり焼いたりして

造られますが、意図的に粒子の

細かさも区別しています。

 

目の粗い研磨材、少し目の細かい

研磨材、さらに目の細かい研磨材と、

それぞれを使って作ったものが、

順番に荒砥石、中砥石、仕上げ砥石

と区別されます。

 

201697111756.JPG

 

 

 

 

 

 

http://www.ikeda-hamono.com/shop/products/list.php?category_id=18

 

 

 

 

 

 

 

砥石(といし)の基礎知識 天然砥石になる条件

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

日本全国のさまざまな地域で、

天然砥石として採掘された岩石は、

大まかに荒砥は砂岩、中砥は

粘板岩、石英粗面岩、凝灰岩、

安山岩などで、合砥は珪質粘板岩、

珪質頁岩(けいしつけつがん)等が

あります。

 

これらの岩石の中で砥石として

使える為には、同じ大きさの

砥粒が均等に分散している、

研いでいくにつれて新しい砥粒が

出てくる、潤滑剤となる水が

馴染んでくれる、刃物より硬い等、

これらの条件を満たした岩石が、

天然砥石として使われる事に

なります。

 

20169111361.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

201691114453.JPG

                                                                                

 

砥石(といし)の基礎知識 天然砥石の産地(京都の合砥)

『どんなに良い刃物も切れ味は、

砥石次第で大きく左右される

事もあります。

相性の良い砥石と巡り合い

良い研ぎが出来た時、

その刃物の最高の切れ味が

蘇ることになります。

刃物にとって最良のパートナー

となる砥石を探す為の

参考にして頂けるよう、

ご紹介していきたいと思います。』

 

京都府には、合砥(仕上砥石)を

産出する山が、数多くあります。

 

中山、奥殿、大突、菖蒲、大平、新田、

馬路、美山、神前、大内、水木原、

奥ノ門、日照山、箇山、鳴滝向田、

高島妙覚山など、各産地があります。

 

そして、砥石の層というものがあり

巣板、戸前、合さ、内曇、千枚、並砥、

八枚など、これらすべてが層の

名前になります。

 

同じ山でも色々な種類の層がある為、

大平の巣板とか、日照山の合さ等と

言った呼び方をします。

 

20169111465.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201691114735.JPGのサムネイル画像