ホーム>刃物屋小話>包丁の種類 洋包丁編 肉屋専用包丁のなかま 骨すき包丁
刃物屋小話

包丁の種類 洋包丁編 肉屋専用包丁のなかま 骨すき包丁

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、

家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば

数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、

知らなかったけどこの料理にはこの包丁が

使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 

初めて耳にしたと、

いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』 

 

肉屋専用の包丁の仲間に

骨スキ包丁と言う物があります。

 

仔牛や豚などをさばき、骨から肉を

切り離すために使用する包丁です。

 

刃元が角型で三角形に近い形の物が、

関東式で角。

 

柄のツバと同じ幅の物が、関西式で

丸とも言います。

 

丸型の包丁は、逆手に持ち吊るした肉を

解体する時に使います。

 

これらの包丁はいずれも、精肉業者が

主に使っています。

 

 

2016524165116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

     《 骨スキ包丁 角型 》

 

 

2016524165338.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

 

 

 

 

     《 骨スキ包丁 丸型 》

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/262