ホーム>刃物屋小話>包丁の種類 洋包丁編 洋出刃
刃物屋小話

包丁の種類 洋包丁編 洋出刃

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、

家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば

数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、

知らなかったけどこの料理にはこの包丁が

使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 

初めて耳にしたと、

いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で

包丁選びの選択肢の幅を広げ、

自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

形状は牛刀によく似ていますが、

牛刀と刃全く異なる用途に使われるのが、

洋出刃です。

 

日本の出刃包丁は片刃ですが、

この洋出刃は両刃で造られています。

 

魚をおろしたり、大型の甲殻類を割ったり、

冷凍魚、鳥獣類、魚介類の大半の仕事に

対応します。

 

またスープ用の牛骨を刃の背で

砕いたりする為、刃が頑丈で厚く

造られているのが特徴です。

 

 

2016524163411.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/261