ホーム>刃物屋小話>2016年3月

2016年3月

越前打刃物屋の仕事 パート25 腰鋸(手曲り)編

『ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合もありますので、時間に余裕のある時をみはからってご持参ください。

お待ちしております。』

                                                                                                       

〈 BEFORE  ビフォー 〉                         〈 AFTER アフター 〉

201632210332.JPG2016322103340.JPG通常ノコギリは、刃の延長線上に真っすぐな柄

が挿げてある物を想像しますが、このノコギリ

は腰が曲がったような形ですげてあります。

手曲りとも呼ばれ、主に山林で使われることが

多いです。

 

 

2016322104829.JPG201632210498.JPG腰に鞘を付け使わないときは、この鞘に鋸をお

さめておきます。なぜ腰が曲がったような形に

造られているかと言うと、生木などの木を切る

時、真っすぐなノコギリの柄に比べて刃に力が

入りやすく、高い所の枝も力が分散されずに切

                 れます。

                             

 

 

201632211022.JPG20163221114.JPGまた刃一枚一枚が大きく、刃と刃の間隔も広く

造られています。

これは主に生木を切った時の湿ったおが屑が、

挟まらずザックザックと切り落とせるよう考えら

れた鋸です。

 

 

 

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート24 剪定鋏編

『ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合もありますので、時間に余裕のある時をみはからってご持参ください。

お待ちしております。』

                                                                                                       

〈 BEFORE  ビフォー 〉                         〈 AFTER アフター 〉

2016319153231.JPG201631915351.JPGこの鋏は、名前の様にまさしくちょっとした枝等

の剪定をするものです。

 

 

 

 

 

201631915389.JPG2016319153846.JPGはさみの中央部分にバネがありますが、はさみ

を握るとそのバネが反発して刃を開こうとして

くれるので、長時間使っていても疲れにくい構

造になっています。

 

 

 

2016319154443.JPG肝心の刃の部分は、それぞれ内アールと外アー

ルに造られていて、外アールの方の刃は良く切

れるように研ぎます。

内側向きアールの方は、被削材が滑らないよう

受け止める役割をもっています。

 

 

2016319155535.JPG2016319155629.JPGこの二つの刃が重なる事で、細かい枝等が滑ら

ずに心地よく切断してくれます。

使用範囲は手が届く所までの、広範囲に使用で

きます。

又、直径の太い枝を切るには大型の物をお使い下                さい。                                               

 

越前打刃物屋の仕事 パート23 牛刀(日本鋼)編

『ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合もありますので、時間に余裕のある時をみはからってご持参ください。

お待ちしております。』

                                                                                                       

〈 BEFORE  ビフォー 〉                         〈 AFTER アフター 〉                                

2016319112829.JPG2016319112912.JPGこの包丁は元々、刃渡り240mm程の長さがあったもので長年、使っては研ぎ研いでは使いを繰り返し、この長さまで短くなりました。

 

 

 

 

 

2016319113427.JPG201631911351.JPG刃の材質が日本鋼の為良く切れるのですが、直ぐに錆が出てしまうという特性があります。

以前はご自身で研がれていたそうですが、年々自分で研ぐのが億劫になってきたため、当店へ持ってこられました。

 

 

 

 

2016319114350.JPG2016319114431.JPG本当に直ぐに錆が出てきて、砥石で研いでいる間にも錆びついてしまうと説明されました。

確かにこの包丁は直ぐに錆が発生するので、どの包丁よりも素早く研いであげなければいけませんでした。

 

 

 

 

2016319114956.JPG2016319115034.JPGそれからもう一つ、使用後に綺麗に水洗いをしてタオルで拭き取って保管しているが、翌日には錆が発生すると言われました。

それならば綺麗に洗った後、60℃位のお湯を包丁に満遍なくかけ拭き取ってあげれば、錆の発生が抑えられるとお伝えしました。

 

 

 

                                

大野市のイベント 七間朝市開き 《春の一番市》

今年も春を知らせる一番市 『 七間朝市 』 が、

今日3月20日(日)開かれます。

 

この七間通りは、織田信長に仕えた金森長近が

大野城と城下町を築いた際につくられました。

 

碁盤の目状の東西に延びる通りです。

 

この当時から市は開かれていたようで、

四百年以上の歴史があります。

 

江戸時代になると土井家が越前大野を

治めるようになり、当時の厳しかった

階級制度の時でさえも、お殿様の行列は

七間通りの市場を避けて通るようにし、

商いの妨げになるような事はしなかったそうです。

 

そんな歴史を刻んできた七間朝市が、

今日からまた始まります。

 

午前9時よりオープニング式典、9時45分から

鏡割り・ふるまい酒、10時より陽明中学校

吹奏楽部の演奏、10時40分から招福

菓子・もちまきが行われます。

 

寒い冬もようやく去り、暖かい春を迎えに

どうぞ、大野に足を運んでください。

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート22 出刃包丁の柄交換編

『ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合もありますので、時間に余裕のある時をみはからってご持参ください。

お待ちしております。』

 

〈 BEFORE ビフォー 〉

2016310153136.JPG201631015320.JPGのサムネイル画像2016310153250.JPGのサムネイル画像この出刃包丁見ての通り、中子が柄の奥まで入り過ぎて柄が割れています。

和包丁の柄は、鋲等で止めてありません。

そのため、長年使っていると柄の中が腐ったりして、ふにゃふにゃになりもろく

なる為、こういう具合になることもあります。

しかしながら和包丁の良いところは、簡単に柄を交換することが出来ます。

 

 

〈 出刃包丁の柄 〉

2016310154950.JPG2016310155017.JPG2016310155054.JPG柄のサイズは大体決まっていて、例えば6寸出刃にはこのサイズの柄、7寸には

この柄と、包丁の大きさに合わせて柄のサイズも変わってきます。

また菜切包丁、刺身包丁など包丁の種類によって柄の形や、穴の形、深さも変わ

ってきます。

 

 

 

〈 AFTER アフター 〉

201631016427.JPG201631016456.JPG201631016530.JPGこの柄は何寸用出刃と選択すると、中子の太さ長さに程々合った物になります。

包丁の柄を選択したら次は、中子をガスコンロ等で炙り、柄の角穴に差し込んで

やります。

柄の後ろの所を、玄能等で叩いてやると包丁が奥へと入っていきます。

冷めると木が収縮して、中子を締め付けぬけにくくなります。

 

 

 

越前打刃物屋の仕事 パート21 麺切り包丁編

『ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しましては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご要望にそえない場合もありますので、時間に余裕のある時をみはからってご持参ください。

お待ちしております。』

                                                                                       

〈 BEFORE  ビフォー 〉                                                                      〈 AFTER アフター 〉

201631014459.JPG201631014469.JPGお預かりしたそば切り包丁、しばらく使わなかったら錆びついてしまったので

錆落としと研ぎを頼まれました。

 

 

 

 

 

2016310145340.JPG2016310145430.JPG錆はさほど深く浸透していないので、軽くバフを当ててやれば取れる程の物でした。

 

 

 

 

 

2016310145742.JPG2016310145818.JPGこの包丁は、垂直に立て重さを利用して前方に押し出すように切るもので、一本の麺が均一に切れるよう刃渡りが長く造られています。

 

 

 

 

 

201631015331.JPG20163101545.JPG刃の切っ先から刃元まで、隙間が有ったりふくらみがあると、包丁を一回おろしただけでは、麺が連なってくっついてしまいます。

なので、一直線に研いでやるのがコツです。

包丁の種類 和包丁編 鰻裂き包丁のなかま(4)江戸裂き

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、知らなかったけどこの料理にはこの包丁が使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 初めて耳にしたと、いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で包丁選びの選択肢の幅を広げ、自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

うなぎさき包丁の仲間として江戸裂きと言うものが有ります。

 

切っ先は切出し方で、二段刃で刃付けをする伝統的な

関東型鰻包丁です。

 

刃の角度を利用して骨に添わせ、真っすぐ背開きが

しやすいよう造られています。

 

柄は手の中に納まるよう短く、峰側の柄尻が

手の平に当たる様、斜めに切られているのが

特徴です。

 

江戸裂の小型のものは、アナゴやドジョウを

裂くのにも使用され、腹開き専用です。

 

2016229113229.jpg

包丁の種類 和包丁編 鰻裂き包丁のなかま(3)名古屋型

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、知らなかったけどこの料理にはこの包丁が使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 初めて耳にしたと、いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で包丁選びの選択肢の幅を広げ、自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

うなぎさき包丁の仲間として名古屋型と言うものが有ります。

 

小型で細く短く刃に対し柄が、比較的長くなっているのが

特徴の名古屋裂き包丁です。

 

一段刃で造られており、うなぎを裂く時に身を傷つけないよう、

峰の先は丸く面取りしてあります。

 

2016229111045.jpg

包丁の種類 和包丁編 鰻裂き包丁のなかま(2)阪型

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、知らなかったけどこの料理にはこの包丁が使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 初めて耳にしたと、いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で包丁選びの選択肢の幅を広げ、自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

うなぎさき包丁の仲間として阪型(大阪裂き)と言うものが有ります。

 

切出し小刀のような形で、柄尻まで地金で

出来ているのが特徴の裂き包丁です。

 

腹開き専用で、峰が厚く造られています。

 

江戸裂きと同じ二段刃付けが、してあります。

 

201622014405.jpg

 

包丁の種類 和包丁編 鰻裂き包丁のなかま(1)京型 

『包丁の種類には和包丁、洋包丁、中華庖丁、家庭用料理包丁、それら以外の特殊庖丁、

鋼材や構造、サイズ等細かく言えば数多く存在します。

聞きなれた馴染のある包丁から、知らなかったけどこの料理にはこの包丁が使われていたんだとか、

何か聞き覚えのあるような? 初めて耳にしたと、いったような物まで知っていただき、

沢山の知識を得る事で包丁選びの選択肢の幅を広げ、自分に合った包丁を探して頂けるよう

ご紹介していきたいと思います。』

 

うなぎさき包丁の仲間として京型(京裂き)と言うものが有ります。

 

小型のナタのような形状をした京都の裂き包丁です。

 

峰の凸部分が鍵型で厚く、重みがあるのが特徴で

腹開き専用です。

 

峰の凹部分は、目打ちを打ち付けたりする際に

活用します。

 

2016220142542.jpg