ホーム>刃物屋小話>越前打刃物の伝統と歴史 越前鎌、包丁行商物語 NO,17
刃物屋小話

越前打刃物の伝統と歴史 越前鎌、包丁行商物語 NO,17

『越前打刃物の歴史を調べていると、

知人から一冊の書物を紹介して頂きました。

 

昭和四十六年に発行されたこの書物は、

著者斉藤嘉造先生が書かれた貴重な物でした。

 

未来へと語り継ぎ、残していかなければいけないと思い、

この場をお借りし一部抜粋して、ご紹介していきたいと思います。

 

永い年月をかけ越前打刃物である鎌、包丁、鉈、鋏などが、

全国に広まった事実の物語です。』

 

商いの道 その1

 

江戸時代から現在まで、鎌行商人は全国各地へ出かけたが、

特に中部地方、関東地方が多かった。

 

現在商いに行く主な府県は、石川、富山、岐阜、長野、愛知、静岡、

山梨、神奈川、東京、埼玉、千葉、茨城、群馬、福島、山形、岩手、

青森地方である。

 

仕入れる商品は、太平洋戦争のころまでは越前鎌が主で、

その他武生で生産した鋏、鋸、剃刀、やすり、庖丁などで、

たまには播州の小野や三木の鎌および各種刃物、

堺の庖丁、新潟三条の刃物、信州古馬の鎌なども

仕入れ販売した。

 

戦後は、行商先が純農村から近郊農村または近郊住宅地域に

大きく変貌した所では、一般家庭刃物や家庭器具、建築用材まで

手広く販売する行商人も現われた。

 

 

20157518329.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikeda-hamono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/147