ホーム>刃物屋小話>2015年4月

2015年4月

越前打刃物屋店主の入院日記 17日目 PM6:00

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

主治医の先生との退院してからの事を十分話を聞き、

病室へ戻った。

 

ベッドの上の掛け布団やパジャマをたたんで、

枕も揃え完璧にしたと思っていたが、

奥さんが「これも。」と言い、

ゴミが入っていたので、ゴミ箱のビニール袋まで持って帰る、

ここまでして完璧らしい。

 

まだまだ、あまかった。

 

準備も整い、見舞いに来てくれる度に増え続けた荷物は、

二人では持ち切れず娘達にも持ってもらった。

 

2015429104441.JPG2015429105022.JPG2015429105114.JPG

 

 

 

越前打刃物屋店主の入院日記 17日目 PM5:00

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

刃物屋の奥さんに早速電話して、帰る時に支払いを済ませた方が

後々面倒でないと言う事を伝えると、今は24時間対応している事に

びっくりしていた。

 

『立つ鳥跡を濁さず』と言うように、自分では完璧に後片づけをすませ

後は、奥さんの来るのを待つばかりと待っていると、奥さん登場。

 

奥さんが来たら主治医の先生と、退院してからの事を話したいと

頼まれていたので、先生にお会いしたいとナースステーションに

お願いしに行くと、先生が来て下さることに。

 

その後三人で、今までの検査データーがわかる

部屋へと行きました。

 

2015426145148.JPG

越前打刃物屋のお客様 Fさん 別作光月作三徳包丁編

Fさんのご主人とは、何十年来のお付き合いで

今回奥様であるFさんが、

お嫁さんの包丁を無くしてしまったという事で、

当店に二人でいらしゃいました。

 

何かの拍子で包丁をゴミと一緒に捨ててしまったか、

どこかに紛れ込んでしまったか分からないが、

とにかく無くしてしまった事には違いないと

言う事だそうです。

 

お嫁さんは同じ包丁を二本もってらっしゃったので、

これと同じ包丁がないかと言う事でした。

 

しかし、包丁のメーカーの数は沢山あるもので、

これと同じ物と言われても、形やサイズは見ればわかるので

同じものを用意することは可能ですが、

ステンレスの包丁とはわかっても、

鋼の材質、メーカー名等、手がかりとなる情報が

何もわからない状態でした。

 

つづく

 

 

越前打刃物屋店主の入院日記 17日目 PM4:30

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

身支度をしていると、一人の看護師さんがやって来られて

「おめでとうございます。」と、声をかけて下さいました。

 

「これ先生から預かった封筒で、これがもし違う病院に三か月以内に

かかる事があったら、その病院に渡してほしいという退院証明書と

こっちが地元の病院で引き続き通院して頂くための紹介状。」と

手渡しされました。

 

次に経理の方が来られ、入院にかかった費用の明細を持ってこられた。

 

これを見るのが怖かったのですが、どういう支払い方があるか

一通り聞きました。

 

退院する時間帯には、事務所は開いていないが

今は機械で処理してくれるという事で

24時間対応していますという事だった。

 

2015420141913.JPG

越前打刃物屋店主の入院日記 17日目 PM3:45

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

午後3時30分頃、今日初めての問診に S先生が

やって来られた。

 

不安な気持ちを隠しながら先生の話を聞くと、

「今まで高かった肝臓の数値が、下がりました。

おそらく退院しても大丈夫でしょう。」と、言う

答えが返ってきた。

 

「もう一泊しても良いし、今日退院しても良いので

どちらにしますか。」と、聞かれ

「夜でないと迎えに来てもらえないので、

今日帰ります。」と言うと、

「分かりました。じゃあ今日退院出来るように

手続きしますので、待っていてください。」と、

病室を後にされました。

 

越前打刃物屋店主の入院日記 17日目 AM4:40

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

今日は一日開けての採血がありました。

 

今日の結果次第では、退院もありうると期待しながら

採血に臨みました。

 

いつもの様に朝食を食べて、食器を返却。

 

トイレに行ったり、歯磨きをしたり、ソックスを脱いだりはいたり、

スタッフさんがゴミの収集に来たり、看護師さん達が検診に来たりと

普段と変わらない日常が、過ぎていきます。

 

しかし、午前中に三人の内の誰かは問診に来る先生が、

今日は誰一人来てくれない。

 

今日は、手術や外来の患者さんが多いのかなと

思いつつ待っているが、昼食の時間が過ぎても誰も来ない。

 

なぜ?

越前打刃物屋店主の入院日記 16日目

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

最近足の痛みもほとんど無く、体の自由も結構効くようになってくると

暇をどうしても感じてしまう。

 

小説や雑誌も読み終わったし、テレビばっかり見ていても飽きてくるしと

身動きが制限されていた時は、結構充実していた事も

今は時間を持て余してしまう。

 

看護師さんが検診に来て「体の痛む所はないですか、辛いことはないですか、

困ったことはないですか。」と聞かれると、

「暇で困っています。」と、冗談で言うと

「それは元気になってきた証拠、喜びね。」と、言われます。

 

まさにその通りだと思っているのだが、暇である。

 

「今日の足の痛み指数 20  身体の自由度 80 」

 

 

 

越前打刃物屋のお客様 Eさん 続 粉末ハイス包丁編

今年もEさんが、一年ぶりにいらしゃいました。

 

今回も包丁を研いでほしいと、昨年買って頂いた

粉末ハイスの包丁を、持ってこられました。

 

今回は、昨年、一昨年と包丁を買って頂いているので

代えの包丁があるから、包丁研ぎだけだと思っていました。

 

するとEさん、「この包丁本当によう切れるわ。

あんまり良いで、娘に持たして帰してやろうと思う。」

と言って、粉末ハイスの三徳型を購入して頂きました。

 

毎年帰省する娘も喜んでくれるやろと、ニコニコ

微笑みながら、嬉しそうに帰られました。

 

誠に有難うございました。

 

201531517102.JPGのサムネイル画像

越前打刃物屋店主の入院日記 15日目 PM5:00

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

採血の結果がどうだったか首を長くして待っているが、

なかなか先生が来ない。

 

夕方5時過ぎにようやく、先生が病室へと

やってこられた。

 

結果、「薬の量はこれで大丈夫だと思います。

しかし、肝臓の数値が少し高めに出ています。

この数値が、一定を保つか下がってくれれば

いいのですが、今日の段階ではまだ、わかりません。

よって、あと数日様子をみましょう。」という事になり

退院は、まだ先へと延びました。

 

残念な結果になりましたが、もうそこまでと言う

先が見えてきたので、少し明るくなりました。

 

「今日の足の痛み指数 20

 しゃがむと痛い、むくみ無し  

 身体の自由度 80 」

 

 

 

越前打刃物屋店主の入院日記 15日目 AM5:20

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

今日は一日あけての採血の日だ。

 

昨日事前に先生から結果が良ければ、

退院も近いと言われていたので、

夕方までやきもきしながら待っていた。

 

毎日の日課にした食器返却の歩き、

1階から7階までの階段の上り下りを

していると、ふと気づいたことがある。

 

階段の上り下りをしていると出会うのは、

先生や看護師、結構歩いている。

 

健康の為か、エレベーターは患者もしくは、

見舞いに来られた人の物と区別しているのか

どちらにしても偉いと思った。