ホーム>刃物屋小話>2015年3月

2015年3月

越前打刃物屋のお客様 Eさん 粉末ハイス包丁編

Eさんは、一昨年包丁を研いでほしいと

当店にいらしゃいました。

 

包丁を預けている間、代わりになる包丁が

欲しいという事なので、展示してある包丁の

特徴をそれぞれ説明させていただきました。

 

結果、どの包丁も最初は切れる事は

わかっていただいた上で、

永切れする方が良いという事になり、

粉末ハイスの三徳型包丁

購入して頂けることになりました。

 

あれから一年、Eさんが当店へ訪れ

「昨年買った包丁本当によう切れるで、持っていた

他の包丁全然使わんようになったわ。

この包丁で一年持ったし、使い分けするのが面倒くさいで

冷凍物とかも切ってもて、刃がボロボロになったんで

研いで。」と、持ってきてくれました。

 

昨年同様、包丁を預けている間にかわりの包丁が

欲しいという事で、陳列スペースへ行くと、

迷わず今度はこれ使ってみると、

粉末ハイスの牛刀型

購入して頂きました。

 

つづく

 

 

 

 


201531517133.JPG

越前打刃物屋店主の入院日記 14日目

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

ここ数日前から点滴が取れたので、体の自由が結構効くし

足の痛みもほとんど無くなってきたので、少し体を動かさないと

いけないと思いはじめた。

 

朝、昼、晩と食事がすむと、空になった食器を返却しに行ったり、

お見舞いに来てくれた人を、一階の出入口まで見送りに行ったりと、

なるべく動くように心がけている。

 

今日は、もう少し体に負荷をかけてやろうと階段を探した。

 

いつもはエレベーターしか使わないので、階段が

どこにあるのか知らなかった。

 

見取り図で見ると、なかなか分かりずらい所に

立派な階段があった。

 

「今日の足の痛み指数 20

 しゃがむと痛い、むくみ無し  

 身体の自由度 80 」

越前打刃物屋店主の入院日記 13日目 AM4:50

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

今日は、中二日あけての採血があった。

4時50分といつもより、少し早目の時間だった。

 

この時間帯でも早寝早起きに慣れた体は、

自然と目が覚め看護師さんの要求にも、

お任せ状態じゃなく、率先して協力することが出来た。

 

夕方 I 先生が病室にこられて、採血の数値について

説明してくれた。

 

薬が少し効き過ぎみたいなので、薬の量を減らしましょう

と、言う事でした。

 

薬の量が定まれば、また一歩前進になりますが

今日は、足踏み状態に終わったみたいでした。

 

「今日の足の痛み指数 20

 しゃがむと痛い、むくみ無し  

 身体の自由度 80 」

越前打刃物屋店主の入院日記 12日目 

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

昨日、今日と採血がない為、朝はゆっくりできた。

 

入院も12日目ともなると体が自然と慣れてくる。

 

夜、消灯した後に割と早く眠りにつき、翌朝5時に起きれば

8時間位は寝ることになり、十分な睡眠時間が確保されていた。

 

入院当初は、夜も9時には眠れないし、翌朝5時過ぎの採血に

起こされることにとまどっていたが、今は採血のない日が

少し物足りなさを感じてしまう。

 

「今日の足の痛み指数 20

 しゃがむと痛い、むくみ無し  

 身体の自由度 80 」

越前打刃物屋の仕事 パート13 植木鋏編

ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご希望にそえない事もありますので、時間に余裕のある時をみはらかってご持参ください。

お待ちしております。

 

201522813552.JPG2015228135611.JPGこの植木鋏は、高い所から落としてしまい片側の刃が、折れた状態で持ってこられました。

直してもらえないかという事で、お預かりしました。

 

 

 

 

201522814356.JPG20152281450.JPG折れた刃を長い方の刃の長さに合わせることは出来ませんが、短い方の刃の長さに合わせることは可能です。

しかし、刃の長さが短くなる事で、少し使い勝手が悪くなると思うと言うと、それでもかまわないという事なのでお預かりしました。

刃と刃を止めてあるリベットをはずし、短い方の刃の長さに長い方の刃を削り同じ長さに揃えます。

 

 

2015228141531.JPG2015228141613.JPGそれから表刃と裏刃をそれぞれ研ぎ直し仕上げます。

後は、リベットを適度の長さに切りカシメてあげます。

 

 

 

 

 

     (BEFORE ビフォー)                                                                (AFTER アフター)

越前打刃物屋店主の入院日記 11日目 AM11:15

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

ここがお風呂場で、湯船につかる事も、シャワーですます事も出来る。

 

「ここで温度調節をして、このボタンを押すとお湯が出るし

もう一度押すと止まる。

お風呂に入る時間になったら、ナースステーションの看護師に

一声かけて、心電計をはずしてもらい、入浴中と書いた札をもらって

その札をお風呂の扉にかけ、入浴時間は45分です。」と

一通り説明を聞いた。

 

最後に「この扉の鍵はかけずに、開けておいてください。」と言われ

やはりまだまだ病人だなあと思った。

 

もっと健康な状態になると二階の大浴場で、入浴することも

可能になるらしい。

 

でも今は、これだけでも十分と思い、全身くまなく洗えて

とてもスッキリ、リフレッシュしました。

 

「今日の足の痛み指数 20

 強く押さえると痛い  

 身体の自由度 80 」

越前打刃物屋店主の入院日記 11日目 AM11:00

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

今日は、採血もなければ点滴もついてない。

昨日の検査結果が良かったので今後は、

飲み薬で様子を見ていきたいという事になった。

 

大きな敵はなくなったものの、まだまだ胸には心電計、

足には医療用ソックスときゅうくつな生活は、続いている。

 

しかし、点滴が取れたという事で、今日はお風呂に入れる

許可がおりた。

 

体拭きや洗髪はしていても、やはりお風呂に入って

シャワーを浴びる事の方が嬉しい。

 

心電計を付けている状態では、まだまだ看護師さんの

目の届く所でしかいられない為、ナースステーション前の

お風呂に入る事に。

越前打刃物屋の仕事 パート12 片手刈込鋏編

ホームページ上では刃物の研ぎは扱っておりませんが、店舗の方にお持ち頂いたものに関しては、

刃物研ぎをさせていただいております。

一本一本その刃物にとっての最善の研ぎ、最高の切れ味になるよう時間をかけて再生をめざしております。

お急ぎの方には、ご希望にそえない事もありますので、時間に余裕のある時をみはらかってご持参ください。

お待ちしております。

 

201522892148.JPG20152289249.JPGこの刈込鋏は、通常の刈込鋏と比べて大きく違うところは、柄の長さです。

通常の刈込鋏は柄が長く、両手を使って遠くの所や高い所を剪定するのにむいていますが、反対に近くを剪定する時は長い柄が邪魔になることもあります。

 

 

 

 

20152289333.JPG201522893344.JPG一方この刈込鋏は、名前の通り片手で持って使用します。

手のとどきにくい、遠い所や高い所を剪定するのには向いていませんが、近くの所を剪定するのにむいています。

刃の特徴として、刃幅は通常の刈込はさみよりスリムで、刃の長さは同じぐらいになっています。

 

 

 

201522893959.JPG201522895456.JPGなので、軽量で一度に広い範囲を剪定することが出来たり、細かい作業が出来ます。

刃を研ぎ直す時は、ネジとバネをはずし分解し、表刃と裏刃をそれぞれ研ぎ刃と刃が刃元から刃先にかけて、順番にすり合わさるように研ぎあげます。

 

 

 

 

     (BEFORE ビフォー)                                                                (AFTER アフター)

越前打刃物屋店主の入院日記 10日目 PM5:30

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

S先生が問診にいらした。

先程した検査の結果が良好という事で、この残りの点滴がなくなったら

もう外しましょうと言われた。

 

自分にとってはとっても大事な点滴ではあったが、

わずらわしい物でもあった。

 

出歩く時も連れて行き、歯を磨いたり顔を洗うときはチューブが

邪魔になり、就寝中はチューブを身体でふんずけないかと

いつも気になっていた厄介なものが取れるというのは

大変嬉しかった。

 

どんどん自由になっていく、有難い。

 

「今日の足の痛み指数 20

 強く押さえると痛い  むくみ少

 身体の自由度 70 」

 

 

越前打刃物屋店主の入院日記 10日目 PM2:30

『急きょB病院に入院する事になり、

自分自身何もかも初めての経験で戸惑う事ばかりでしたが、

励ましや優しい言葉をかけて下さった先生や看護師、

スタッフ、沢山の人にささえられ、ようやく退院する事が出来ました。

 

しかしながら、退院を急がせてしまった為ほんの一部の人にしか、

ご挨拶が出来ませんでした。

 

出来ればお世話になった全ての方に、ありがとうの一言でも言えてたらと

悔いが残って仕方ありません。

 

これは、感謝の気持ちが少しでもとどいてくれる事を願い、

書かずにはいられなかった自分勝手なブログです。』

 

待合所では壁に貼られたポスターや、雑誌等を読んで待っていました。

 

しかし、10分がたち20分、30分と過ぎていくが、一向に迎えに来てくれない。

 

検査員さんもなかなか迎えに来てくれないねと、

もう一度電話をかけてくれました。

 

ようやくスタッフの方が迎えに来てくれたのが40分過ぎでした。

 

病室に帰って今日担当の看護師さんに、検査どうでしたかと

聞かれたので、さっきこんな事があって雑誌も沢山読めたし、

いつも見る風景と違って良かったと強がりを言うと、

名指しで呼んでくれれば、私がすぐに迎えに行ってあげたのにと

大人の対応。

 

その言葉を聞いて、存在を忘れられたという悲しみが、

天使の一言で飛んでなくなりました。

 

嘘でも嬉しかった一言でした。